独女のスキルス胃がん日記♪

体の状況などをお伝えします。
あと日常の色々♪

手術の話その②

そして目が覚めた。まだ手術室らしい。人々が機械やら片付けやら色々動いてた。
看護師が「○○さーん大丈夫ですか?」私「はい」と言うが喉が変。のどが痛すぎて咳が出る。そしてなんだか涙が止まらない。なんだこれ勝手に出てくる。
穴という穴から色んなもんが出てるのか?尻からは大丈夫だろうか?
などと余計な心配をしていたら、看護師さんが「手術終わったからね。今お昼の12時だからね」と・・・。


なるほど、予定15時までなのに、だいぶ早い12時ということは手術出来なかったんだな。と思った。


この時点で私の中では、癌は胃の中で留まってて、胃を切除→癌バイバイ
の方向だろうと勝手に思い込んでたので驚きました。
ベッドに寝たまま運ばれて、エレベーターの中で主治医の先生がなんか言ってたけど忘れた。覚えていない。


そのままナースステーション横のリカバリールームとやらに運ばれ、しばらくしぼーっとしてたら父が来た。


なんかがっくりしてる。「大丈夫か?」と声をかけられるが、私はがっくりと背を丸め元気のない父のほうが心配だった。私「大丈夫、喉が痛いだけだよ」


父「毎日神社で祈ってたんだ。死んだお母さんにも毎日お願いしたんだ。でももう神社は行かない。仏壇も捨てるよ。」と言い出した。


父は先生から術後説明を受け、すべてを聞いてきたらしい。


私は仏壇は捨てないでと言ったら
父「手術できないくらいひどいって。全部言わない方がいいかな・・。」
と迷ってるので「言って言って平気。」と促した。


ため息をつき言いづらそうに
父「体中癌だらけだって。転移もしてるしもう長くは生きられないんだよ」とはっきり言ってくれた。


やっぱりそうなのか。そっちだったかと納得した私は「仕方ないよ。でもこの世界で生きていくことが全てじゃないと思うから、私は平気だから。」となんだか宗教っぽいことを言ってしまった。父は「何言ってんだよ」と顔を背けた。


そしてしばらくしてから父はまた来るからと去りました。その悲しそうな背中は見れなかった。


そうか、父は自分の父母、そして妻、さらに娘の死を看取るのか・・
と思うと私は涙が止まらなくなりました。
残される方がよっぽど嫌だよ。父はなんて試練が多いんだ。
私は残りの日々を精一杯親孝行しようと思いました。


幸いぼっちですから(笑)自由だし、自分に子供とかいなくてほんとによかった。
ピッピ(犬)はいるけどね(今は実家)


私の母は36歳くらいで亡くなりました。
早くに亡くなる事って本人も辛いだろうが、残される方もそれはもう苦しい、悲しい出来事です。元通りの日々を過ごせるようになるまではそりゃあもう時間もかかります。


でもいつまでも悲しんでいても成長もない。何事もつらくても乗り越えないと。
それが生きるってことだと思う。
この母の死があったから色々学び、私はこっちの面だけメンタルが強いと思います。母のおかげで強くなったんです。死ぬのも受け入れてます。
むしろ生きてる世界で、残される人、長く生きることの方が試練というか大変なことだと思う今日この頃。


病気ならもう受け入れちゃった方が楽ちん。「なんで私がこんな目に合うの」とか、「私悪いことしてないのに」とか言い出したら周りが大変。めんどくさい。(そうゆう人いたらごめんなさい)それより今を有意義に過ごした方が楽しいはず。


長くなってしまいましたが今回はこの辺で。

手術の話その①

人生初の手術室です。手術室に行くまでの道のり、機械やらなんかいっぱいで初めて見る光景に胸躍る。



そんな私に若くてかわいらしい看護師さんが「大丈夫ですか、手術初めてですもんね。緊張してますか?」と声かけ。私は手術は別に大丈夫なので「大丈夫です」と言いながら部屋を色々見たいからキョロキョロする。ただの挙動不審者。


そして手術部屋に通されたのですが、広い。天井も高い。そこに手術台がぽつん。とにかく広い感じがした。
手術台に乗って、パン1のほぼ全裸状態になり、背中を丸め、麻酔を入れてもらう。背中にカテーテル入れてもらう感覚はとても気持ち悪い感覚。これ好きじゃないわと思った。そして確か痛かった(あまり覚えてない)
背中の処置になかなか時間がかかっていて、まだかなぁと部屋を見回すと、手術チームの先生たちが待ってるではありませんか。手術着を着ててなんかかっこいい!でもこっちあまり見ないでねパン1だから!(見てないから)


ようやく背中の処置が終わり、布をかぶせられ、仰向けになりマスクがあてられると、主治医の先生が来てにこやかに「気分は大丈夫ですか?」だかなんだか言ってたので、私もにこやかに「はい、よろしくお願いします」と言い、看護師さんのはい吸って―吐いてーで意識はなくなった。
胃カメラの時もそうだが、寝てる間に終わるってすばらしいね。しばらくは痛みもないし。でもこれが心臓や脳だったらちょっと怖いって思うかも。


主治医の先生の話を少ししますが、すごくいい先生。ちょっと機械的な所はありますが、優しくて真面目で丁寧。検査室の看護師さんとかに「○○先生が主治医なのー良かったね。一番いいよ」など何人かに言われたくらい。そんな先生。
入院中、先生達の回診があるけど、朝は7時半くらいから、夜も7時半くらいだったりする(時間は多少前後するが)それをほぼ毎日。いつ休んでるのかと思う。朝7時半にもう白衣着てるってことは6時台にはもう病院にいるのかもしれない。ひえー!家を何時に出るんだろう。医者って大変だな。



入院の話その②

さて、手術日前日ともなると、色んな人が麻酔の話とか準備の説明とか、看護師がへそを洗浄しにきたりとか下剤の話、とにかくいっぱい自分のベッドにやってきます。へその洗浄は男の看護師だったので、ドキドキしてしまった。男の看護師って絶対必要だと思う。テンション上がる。って私は中学生か。いやいや男性も若い美人ナースだったら絶対喜ぶでしょ。一緒一緒。



手術前は胃と腸を空にするため前日から絶食(私の場合胃が詰まってたから入院前から絶食)そして下剤を飲んで腸をきれいにする。(これも私の場合なんだか下痢が続いてしまったので下剤なしでした。ラッキー)



そして手術当日、さすがに手術日は立会人がいないといけないので、遠くから父に来てもらいました。手術時間はおよそ6時間。朝一の9時から開始なので、15時くらいに終わる予定。


手術室に行くとき、同室のおばちゃんに「これから手術でしょ?頑張ってね」と嬉しいエールをもらい、手術室へ。


今日手術って言ってなくても筒抜け部屋なのでみんな知ってます(笑)



父にも「じゃあ後でねー」とバイバイ。父は暇つぶし本を持って来ていて、6時間院内で待つのです。


ほんと申し訳ない、ごめんね。